取扱商品

伝統こけし

伝統こけし

こけしは元来東北地方の風土に生まれ育った伝統的な民芸品で、丸い顔と円筒形からなり女児の姿に描写されています。

慶応二年初代小林倉治により山形に伝えられ、地方の子ども達の郷土玩具として愛用されてきました。その後、昭和の初期頃からは観賞用として多くの人々からその素朴さが好まれるようになりました。

伝統こけしは10の系統があり、山形系のこけしの面相は目が細く、鼻は割鼻、口は愛らしく、胴模様は満開の桜花のように華やかに描かれているのが特徴です。

商品一覧

山形作並系 小林 清

遠刈田系 佐藤文吉

山形作並系 志田菊宏

伝統こけしの取扱工人一覧はこちら